ITメモ

LinuxやMac関連を中心に技術的に役立つ情報をメモしています。 参考になったら、一言コメントでも残してくれると有り難いです。

Macで夜中に作業をさせたまま寝たい時などに画面が明るくて邪魔になる時があると思います。

Macでスリープにせずにディスプレイを消灯させたい(真っ暗にする)には、
control + shift + eject
のキーボードショートカットで対応可能です。

その他、主要なショートカットはこちらに載ってます。

LVMではスナップショット機能を有効にすることができますが、既に物理ボリュームを限界まで使ってパーティションを作っているとスナップショット用に領域を作れません。 新たにディスクを買い足すなどしてボリュームを追加する方法もありますが、論理ボリュームに空きがあればサイズを変更してスナップショット用の領域を空けることが出来ます。

まず、パーティションをumountしておきます。

rootパーティションなどはアンマウントできないため、インストールCDなどから起動します。続きを読む

yumdownloaderというコマンドを使うと、ソースrpmをダウンロードできます。 そのため、以下のコマンドでパッケージをダウンロードします。
yum install yum-utils

使い方

ソースrpmをダウンロードするには以下のコマンドを実行する
yumdownloader --source パッケージ名

注意:この記事は最新のEl Capitanでは確認していません。


Macではデフォルトでスリープ(電源が入っている)状態が有効になっており、windowsのようにメモリーの状態をHDDに記録して電源を切るようなディープスリープ(休止状態)が有効になっていません。
pmset -g
を実行し
hibernatemode 3
となっていれば通常状態です。 ディープスリープ(休止状態)を有効にするには、
sudo pmset -a hibernatemode 1
としてやると休止状態が有効になります。

root権限で何かコマンドを実行する必要がある場合、一般ユーザーはsuコマンドを使ってrootユーザーになる必要があります。

しかし、sudoを使うと一時的にrootユーザーの権限でコマンド実行することができます。続きを読む

↑このページのトップヘ