起動時にはホームディレクトリ直下にある.emacsファイルが読み込まれる。

scratchバッファ(左下に*scratch*と表示されるバッファ)上で、コマンドを入力しCtrl-Jを押すと結果が表示される。

都度、Ctrl-Jを押すのが面倒な場合は、 M-x ielm と入力すると、シェルっぽいのが開く。






*全般操作
キー入力 コマンド名 動作
C-g keyboard-quit コマンドの中断、アンドゥの方向を変える
C-x C-c save-buffers-kill-terminal emacsの終了
eval-current-buffer 設定ファイル(.emacs)の再読み込み

*ファイル操作
キー入力 コマンド名 動作
C-x C-f find-file ファイルを開く
C-x i insert-file 別のファイルを挿入する
C-x C-v find-alternate-file 別のファイルを開く
C-x C-k バッファ名 kill-buffer バッファを閉じる
C-x C-b list-buffers バッファの一覧を表示
C-x C-s save-buffer バッファの保存
C-x C-w write-file 別名でファイルを保存

*バッファメニューによるバッファ操作
キー入力 コマンド名 動作
C-x C-b list-buffers バッファの一覧を表示
d/k Buffer-menu-delete バッファに削除マークを付ける
s Buffer-menu-save バッファに保存マークを付ける
x Buffer-menu-execute マーク付けされたバッファを削除/保存する

*編集
キー入力 コマンド名 動作
C-@ or C-SPC set-mark-command リージョン(選択範囲)の開始位置(マーク)を設定
C-w kill-region リージョン(選択範囲)をキル(カット)する
M-w kill-ring-save リージョン(選択範囲)をコピーする
C-y yank 最後にキルした内容をヤンク(ペースト)する
C-_ or C-x u undo 直前の変更を取り消し
C-s isearch-forward 下方向へ文字列を検索
C-r isearch-backward 上方向へ文字列を検索
C-u 文字数 C-x TAB選択したリージョンに対して指定した文字数分インデントする
マイナスの文字数(-4とか)を指定すると逆方向にインデントする

*ウィンドウ(OSの1つのウィンドウ内での枠)操作
キー入力 コマンド名 動作
C-x 3 split-window-horizontally ウィンドウを左右に分割
C-x 2 split-window-vertically ウィンドウを上下に分割
C-x 1 delete-other-window ウィンドウ分割を解除
C-x 0 delete-window 選択されたウィンドウの削除
C-x o other-window 次のウィンドウにカーソルを移動

*フレーム(OSのウィンドウに相当)操作
キー入力 コマンド名 動作
C-x 5 2 make-frame 新しいフレームの作成
C-x 5 1 delete-other-frames 他の全てのフレームを削除
C-x 5 0 delete-frame 現在のフレームを削除
C-x 5 o other-frame 別のフレームに移動

*キーバインド
キー入力 コマンド名 動作
C-h k describe-key 入力されたキーバインドの説明を表示
C-h a apropos-command 入力された文字列が含まれているコマンド一覧を表示
C-h b describe-bindings 現在のキーバインド一覧を表示

*カーソル移動
キー入力 コマンド名 動作
C-p previous-line カーソルを1行上に移動
C-n next-line カーソルを1行下に移動
C-f forward-char カーソルを1文字右に移動
C-b backward-char カーソルを1文字左に移動
C-a beginning-of-line 行の先頭へと移動
C-e end-of-line 行の末尾へと移動
C-v scroll-up 下方向へと縦スクロール
M-v scroll-down 上方向へと縦スクロール
M-< beginning-of-buffer バッファの先頭へと移動
M-> end-of-buffer バッファの末尾へと移動

*文字コードを変換して再読み込み
キー入力 コマンド名 動作
C-x RET c universal-coding-system-argument 文字コードを変更する(例:utf-8-unix)