Finderを使っていると「.(ドット)」で始まるUNIX特有の不可視ファイルやシステムが利用する重要なファイルなど、一部不可視設定になっているファイルがFinder上で表示されなくなっていると思います。

これらはターミナルからコマンドを使うとアクセスすることができますが、以下のコマンドを実行することでFinder上からも見えるようにすることができます。


defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -bool true
killall Finder

元に戻すときは次のコマンドを実行します。
defaults delete com.apple.finder AppleShowAllFiles
killall Finder

まぁ、設定するのにターミナルが必要なので、だったらターミナルからアクセスすればいいじゃんって気がしなくもないですが、どうしてもFinderからアクセスする必要があれば設定してみてください。

各ファイル(ディレクトリ)を個別に表示したい場合は、こちらのページを参照してください。