Macでは通常、アプリケーションが利用する設定情報など重要な情報は /Users/ユーザー名/Library に保存されてます。
しかし、このフォルダは重要なのでFinderからは通常見えなくなっています。


どこで可視/不可視を判別をしているかというと、各ファイル(フォルダ)にはchflagsというコマンドで設定できるフラグが設定されています。
これは以下のようにlsコマンドにOオプションをつけると確認できます。

$ ls -lO /Users/hoge/
total 0
drwx------+ 10 hoge  staff  -       340  5 13 01:08 Desktop
drwx------+ 33 hoge  staff  -      1122  2 27 02:19 Documents
drwx------+ 15 hoge  staff  -       510  5 16 16:12 Downloads
drwx------@ 61 hoge  staff  hidden 2074  5 17 09:57 Library
drwx------+  3 hoge  staff  -       102 10  3  2015 Movies
グループ名の後ろにhiddenという表示が確認できると思います。このフラグをFinderが確認して非表示にしています。

これを取り除いてFinderに表示させるには次のコマンドを実行します。
chflags nohidden ~/Library
これで表示されているかと思います。

再度表示にするには次のように実行します。
chflags hidden ~/Library

個別ではなく、hidden属性を持つファイルなど全ファイルをFinderに表示したい場合は、こちらのやり方もあるので、ご覧ください。